【韓国コスメ】Nature RepublicのCCクッションがリニューアル!

私が前から気に入って使っているNature Republicから出ているクッションC.C.がリニューアルされたようです。

いつも使っているものと同じものを買いに行ったら、「新しくなりました、こっちです。」と言われたので、その新しい方を試してみることにしました。

前に使っていたのはこちら…

【韓国コスメ】Nature Republic…話題のクッションCC、比較!
ちょっと前に、韓国化粧品屋さんのネイチャーリパブリック(Nature Republic)に立ち寄ったら、話題のクッションCC全種類が、韓国人の大好きな1+1(1つ買うと1つあ...

クッションC.C.ナチュラルがリニューアル

いつも使っているのを買いに行っただけなのですが、ついでにボディソープも購入。

今日のお買い物はこんな感じになりました。

  • ボディソープ…10,000ウォンぐらい
  • クッションC.C.ナチュラル…35,000ウォン
Nature Republic買い物

と、言っても、実際に買ったのはボディソープとクッションC.C.だけ。もう一つある横の箱は試供品のコットンと、それから化粧水と乳液っぽい試供品を2セットいただきました。

韓国、試供品たくさんくれます。

また、クッションC.C.は1つ35,000ウォンだったのですが、セールの期間で、実際は25,000ウォンのお支払い+詰め替え用が1つ付いてきました。

韓国の方は、本当に本当におまけが大好きだと思います。

Nature Republicボディーソープ

ネイチャーリパブリックのボディウォッシュ…特にこだわりもなく、香りで選びました。

ピーチにしようか、グレープフルーツにしようか迷ったのですが、甘すぎない感じで少し酸味も感じられる香りだったので、大好きなピーチにしました。

前に使っていたのがBODY SHOPのものだったので…同じのにしようか…と、迷ったのですが、面倒臭い私は、1箇所で買い物を済ませることを最優先に、ボディソープもNature Republicで購入。

購入してから1週間ほど使っていますが、香りが甘ったるすぎず、いい感じです。

Nature RepublicクッションCC

そして、これがC.C.クッション(クッションC.C.?それともC.C.クッション?どっちが正しいのかはナゾですが…一応パッケージにはクッションC.C.…とありますね)。

色は01で、ライトベージュ。他にももう少し濃いナチュラルベージュと、ピンクベージュがありました。

一番色が薄かったのはピンクベージュだったので、長期入院から退院したてのようだ…と揶揄されるほどに病的に色白と言われたこともある私はピンクベージュとも迷ったのですが、

店員さんに聞いてみたところ、ピンクベージュにはカバー力がほとんどない…とのこと。

なので、一般的に色白と言われる人が買っていくという、ライトベージュを私もゲットしました。

クッションC.C.…箱を開けてみるとこんな感じ。

Nature RepublicクッションCC詰め替え用

空っぽのケースと、詰め替え用が2つ入っていました。

Nature Republic詰め替え

箱の内蓋には詰め替え用の取り外し・付け方がご丁寧に印字…。

韓国語ですが、絵が書いてあるし、大体わかりますね。

Nature RepublicクッションCC詰め替え方

早速新しいクッションC.C.を使ってみる

Nature RepublicクッションCC詰め替える

せっかくなので、リニューアルしたクッションC.C.使ってみることにしました。

絵の通りに詰め替え用をケースに、はめ込むような感じで付けます。

Nature RepublicクッションCC詰め替えを

普通に使っていると大体1ヶ月半〜2ヶ月ほどでなくなってしまう印象なので、詰め替え用がもう一つ付いているのは嬉しいです!

新・旧クッションC.C.比較…

なんか、パッケージはさらに素敵になった印象です。

右側の新しい方の蓋は少し盛り上がっていて、ぷっくりしている感じです。

Nature RepublicクッションCC比較

前のも…別に悪くないですが、比べてしまうと少し安っぽいです。

Nature RepublicクッションCC比較2

でも、中身はなんら変わっていませんね。

付け心地も相変わらずいい感じです。

旧バージョンでも特に不満を感じていたわけではなかったので、新しくなってさらに崩れにくく、付け心地よく馴染みます!と言われましたが、

体感…「はぁ…そうですか…」程度です。

まだ、あまり違いとしては実感できてはいないですが、相変わらず良いです。

Nature Republicの化粧品を購入

一つ言えるのは、ピンクベージュにしなくてよかった…ということ。

店員さんも言っていましたが、大抵色白と言われるような人でも、ライトベージュで十分とのこと。

あまりにCCクリームの色が明るすぎる場合、たくさん厚塗りしても、肌の凸凹や赤みはカバーしきれないでしょ?とのことでした。

色々と他のも見てみましたが、今使っているので十分満足なので、選びなおすのも面倒くさいし、私は当分このシリーズを使うことになると思います。

 

▼こちらの記事もあなたにおすすめ▼

ABOUTこの記事をかいた人

Holo holoとはハワイ語で「ぷらぷらお散歩」という意… 将来ハワイでホロホロするのを夢見ながら、現在は韓国でOLやってます。このブログでは、旅行や出張で行った先のことや海外生活で気づいたことなどを綴っています。