ミシガン大学アナーバーにキャンパスツアー行ってきた!

大学ってどうやって選びますか?

偏差値や場所などももちろんとても大切ですが、学部生は4年間ほど、大学院生も少なくとも2年以上は通うのだから、キャンパスの雰囲気も、とても大切ではないでしょうか。

もちろん、私が今住んでいる韓国は、センター試験のような統一試験の結果のみで、どこの大学の何学部に行くかをほぼ決めるような感じですが、アメリカの大学生は高校生のうちに志望校何校かに絞ったら、キャンパスツアーをして、入学を決める前に下見をする文化があります。

私がアメリカの大学を受験をしたときは、時間的な制約が(そしてもちろん金銭的な制約も)多くて、キャンパスツアーできずじまいでしたが、縁があって今回はUniversity of Michiganのキャンパスを訪ねることになりました。

全米大学ランク上位常連校:ミシガン大学アナーバー校

全米の主要教育雑誌などが発表する大学ランキングの上位常連校であるミシガン大学ですが、日本での知名度はまずまず…といったところでしょうか。

ミシガン大学はごくごく普通の州立(公立)大学ではありますが、中西部だけでなく全米から優秀な学生たちが集まってくる、アメリカでも名の通った大学です。

同じく州立大学のライバルとしては、カリフォルニア大学(LAやバークレー校)があげられますが、特に工学部の分野では、ミシガン大学はとても有名です。

そんなミシガン大学のキャンパス内をフラ~っと散歩してきたので、写真をアップします。

忙しくてキャンパスツアー来れない~!なんていう学生さんの参考に…少しでもなってくれたら、、、との願いとともに…。

ミシガン大学のあるアナーバー市内

大学のある街というのは活気があっていいです。

なんとなく、街全体が「若者」オーラに包まれているというか…私がキャンパスツアーをした日はカラッとした秋晴れで、とても気持ちのいい日だったので、そのせいもあるかもしれませんが、大学までの道のりで感じたアナーバーの街は、とてもすがすがしい感じの街でした。

DSCF0296

大学の敷地内に着きました。

適当に駐車します…私たちが利用したコインパーキング(路上)は1時間当たり1ドル25セント。

安いです。

DSCF0297

大学内にはいろいろなオブジェがあり↑↑、作者の名前とタイトルとが書いてありました。

キャンパスツアーの際は、そんなオブジェにも注目してキャンパスを回ってみるのもいいかもしれません。

キャンパス内を散歩

キャンパス内の主要な建物には、青地に白いフォントで何の建物なのかが書いてありました↓↓

DSCF0298

入りたい(もしくは入る)学部が決まっていたら、その学部のメインビルディングを確かめてみると、モチベーションがさらにアップするかもしれません。

受験の時期は、いかにモチベーションと集中力を高めるかが、受験勉強のポイントだと思うので(勉強嫌いな私の経験談)、アメリカの大学を目指す受験生の皆さんはあらゆる手段でその2つを高めていきましょう。

DSCF0299

考古学の博物館もありました↓↓

DSCF0300

なんとなく、考古学っぽい、素敵なビルディング。

この日は特に天気が良かったのですが、私がミシガン大学を訪ねた10月は暑くもなく寒くもなく…とても気持ちのいい日が続いていい感じです。

DSCF0301

飲食店や商店が並ぶ通りに来ました

いかにもアメリカっぽいファストフード店が並びます。

DSCF0302

お店の中を見ると、プリント用紙をたくさんテーブルに並べ、横目で見ながらノートパソコンでカチカチと何か打っている学生たちが目立ちます。

DSCF0303

アーケード↓↓

DSCF0304

靴屋さんや、スーツやさんなど…ここも商店が並びます。

DSCF0305

アーケード抜けると、さらに飲食店など…私の行ってた大学より大学周辺が充実している気がする…。

パブリックパーキングと大きく看板がありました↓↓

DSCF0306

路上のコインパーキングがいっぱいでも安心ですね。

そして、もちろん…大学生の大好きなパブもありました↓↓

DSCF0307

パブも平日の昼間は勉強する学生が目立ちます。

なんとも昭和っぽい(とはアメリカでは言わないのですかね…レトロな?)感じの劇場が…↓↓(MICHIGANとかいてある)

DSCF0309

シアター(劇場)の下まで行ってみると、ボックスオフィスがあって、いろいろな地元のパフォーマーたちの演目のチケットが販売されていました。

DSCF0310

ミシガン大学グッズ

アメリカ人は自分の出身大学のグッズをめっちゃ買って、特に自分の大学がスポーツの有名校だったりすると、大学リーグの応援グッズをめっちゃ買います。

私の大学もかなり熱狂的なファンが多かったので、大学リーグ(バスケでもバレーでもアメフトでもなんでも)の試合があると、キャンパス中その大学カラーで埋め尽くされていました。

ミシガン大学も例外ではなく、かなりスポーツに熱い大学です。

特に、同じミシガン州内のMichigan State University(ミシガン州立大学)との試合になると、かなりバチバチやりあっています。

そんなミシガン大学のカラーはネイビー&イエロー↓↓

DSCF0325

色合い的には私の大学カラーよりも好きです。

かわいいです。

市内のレンタルバイクステーション設置場所↓↓

DSCF0326

通りかかりに見つけたアジア系というか、日本食やさん「MAMA SATTO(母里)」↓↓と、そのほか多国籍な料理屋さん街。

DSCF0327

さらにしばらく外を散歩しました。

キャンパスのメイン通りをふらふらと

オーディトリウム↓↓

DSCF0328

ミシガン大学の時計台↓↓

DSCF0329

学生会館ぽい建物があったので、入ってみた!↓↓

DSCF0330

建物の中は…私の行った大学の学生会館と大して変わらなさ過ぎてびっくりしました。

アメリカの大学にある学生会館はどこも似たような感じなのですかね…まったく同じような印象を受けました。

キャンパスにはもちろん星条旗+大学旗↓↓

DSCF0331

広場のようになっているところでは、学生さんたちが何かのパネルを掲げて、政治的な(…ぽい雰囲気の)活動をしていました↓↓

DSCF0332

こういった光景を見ると、私も大学生時代を思い出します。

ちょうど私の在学中は東日本大震災があったときだったので、私も大学の広場に出て、ほかの日本人の学生さんやほかの学生団体の方たち(募金活動などを手伝ってくれた)といろいろな活動をしたのが、思い出されました。

入学前のキャンパスツアー…必要性や大切さについて

もしも受かった大学が複数あったら…もしも行きたいなぁ、良さそうだなぁと思う大学が1校以上あったら、何を基準に決めますか?

きっと、自分の住んでいる地域や成績を加味しつつ、志望校としてリストアップした中から受験して受かった大学でしょう…そしたらどの大学も、ランキング(偏差値)的に似たようなポジションにある大学なのではないでしょうか。

大学選びの基準としては、

  • 単科大学なのか総合大学なのか
  • 教授に対しての生徒の数
  • 大学の規模
  • スポーツ系に力を入れているのか芸術系が強いのか
  • 家から通えるのか、寮に入るのか
  • 留学生の割合はどうか(多いか少ないか)
  • 周辺地域の治安はいいのか

などなど、いろいろな基準があると思いますが、そのほかに意外にも忘れられがちですが「キャンパスの雰囲気」も重要な要素として入れたほうがいいのではないでしょうか。

少なくとも院生でも2年~、学部生は4年通うことになるキャンパスの雰囲気が良かったら、それだけで気分いいですよね!

私も大学受験時にそれぞれ合格した大学のキャンパスツアーをしていたら、選んだ大学とは違う大学に行っていたかもしれません。

DSCF0333

結果的に、私は自分の行った大学が大好きですが、ミシガン大学を見た瞬間に「あ、こっちもよかったかも~」なんて思いが沸々と………今更感満載ですが。

また、実際にキャンパスまで足を運んでみると、この大学に通うには、寮に住んだほうがいいのか、周辺に借りられそうなアパートがたくさんあるのか…車は必須アイテムなのか(都会のキャンパスでは駐車代なども高くて車が邪魔になる場合もある…)、はたまたスーパーは近くにあるのか、それとも食事は全部外食になりそうだから食費かかりそうだな…などなど、そんな情報もゲットできます。

また、一番大切な治安についても、実際にキャンパス周辺を歩いてみることで、雰囲気がわかるとだいぶ安心するのではないでしょうか(もしくはここには住みたくない…と思うか…)。

アメリカには、昼間と夜で顔を変える街もたくさんありますが、それでもやはり実際に見て街の雰囲気を感じてみるのと、犯罪率などの数字だけで確認するのとは全然違うと思います。

DSCF0335

今はインターネットやアメリカをはじめとする海外の大学紹介本など、いろいろな情報収集の手段があるので、昔ほど「実際に見ないと!」という衝動には駆られないかもしれないですが、写真で見たりインターネットで読んだりするのと、実際に肌で感じるのは全然違います。

ミシガン大学のキャンパスもとても素敵でした!

なので、少しでも今後ミシガン大学に留学を考えている方々の参考になったらな…という思いで写真を撮って載せていますが、本音では実際にキャンパスツアーをしてみるのをおススメします。

DSCF0336

でも、時間的には実際難しいですよね…

特に、日本の高校からアメリカの大学への留学を考えている方や、社会人の方で大学院をこれから…と考えている方は、実際問題時間的にも経済的にも難しいと思います。

なので、この記事で少しでもミシガン大学(秋)キャンパスの雰囲気を伝えることができていたら良いです。

DSCF0337

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

▼こちらの記事もあなたにおすすめ▼

ABOUTこの記事をかいた人

Holo holoとはハワイ語で「ぷらぷらお散歩」という意… 将来ハワイでホロホロするのを夢見ながら、現在は韓国でOLやってます。このブログでは、旅行や出張で行った先のことや海外生活で気づいたことなどを綴っています。